HOME > FAP療法とは

FAP療法とは

FAP療法とは

FAP療法(Free from Anxiety Program:不安からの解除プログラム)は、2001年に大嶋信頼氏によって治療が体系化された心理療法です。PTSDの諸症状の改善や恐怖症の克服、パニック障害や強迫性障害、依存症的欲求等の幅広い問題に対して劇的な治療効果をしめします。

 


<特徴>
●短期間でのトラウマ治療が可能
●トラウマ治療に特有の苦痛が無い
●「共感」にもとづいた心理療法

 

短期間でのトラウマ治療が可能

通常トラウマ治療は、過去の体験を言語化して行く作業を行なっていき、トラウマによるショックで解離(感覚が麻痺)した感情を取り戻す作業を行っていきます。面接場面では、セラピストはクライアントの体験を自分が同じ様な経験をした様に頭の中でイメージし傾聴していく事で、クライアントの氷ついてしまったトラウマ記憶と感情が統合され、心の傷が癒されていくという事が起こります。セラピストが「共感」という作業を行っていく事で、治療が進んで行きます。

 

しかしこの場合、難点があり「回復までにかなり時間がかかってしまう」という点があげられます。いらしていただくクライアントさんは、早く楽に自由に人生を送りたいと思っておられると思います。そのようなニーズを満たして行く為に、FAP療法を用いトラウマ治療を行っていく事で、スピ-ディにトラウマから解放され自由に人生を歩んでいけるように回復して行きます。

トラウマ治療に特有の苦痛が無い

トラウマ治療の難点としてもう一つ挙げられるのが、トラウマ体験を言語化していく中で、トラウマ体験と同等の苦痛を再体験していくという点があります。その影響でクライアントの日常生活の適応が下がってしまう可能性が考えられます。せっかくこれまでやってきた状況をトラウマ治療していく事で、更に適応を下げてしまう事は、治療を継続して行く上では問題点でもあります。

 

FAP療法ではこのような苦痛や日常の適応が下がってしまう事無く、過去の氷ついてしまったトラウマの感情と記憶を統合して行く事ができます。そしてトラウマ体験は記憶から排除される傾向があります。その場合記憶が無いトラウマをどうやって治療するの?という疑問もでてきますが、FAP療法では過去の記憶からぬけてしまったトラウマ、氷山に例えれば海の下に沈んでしまって見えていないトラウマも治療していく事ができます。

 

過去の記憶がおぼろげで思いだせない、だけど現在の対人関係でどうも苦しい状況にあると言う方もFAP療法を用いる事で心の傷から解放されていく事がこれで可能になります。

共感に基づいた心理療法

カウンセリングの基本は「共感」と言えるでしょう。面接場面ではクライアントの外傷体験にセラピストが共感して行く事で、外傷体験の記憶と感情が統合され、クライアントはその外傷体験に執着する事が無くなってきます。クライアントの苦しみの波に対し、治療者が外傷体験をイメージしクライアントと同じ波を作っていく事により、クライアントの苦しみの波が打ち消されていくのです。

 
FAP療法による治療のメカニズムもこれと同じ事が言えます。セラピストはクライアントから受け取った苦しみの波に対し、セラピストが同じ苦しみの波のキーワードを返していく事により、クライアントの苦しみの波が打ち消されていくのです。苦しみの感情が打ち消されていくと、クライアントは本来感じていた感情(本音)を感じられる様になっていくのです。

FAP療法に関する論文・書籍・学会発表

  • 大嶋信頼、米沢宏、松浦真澄、中村俊規、久藤文雄、吉本武史、斎藤学:FAP (Free from Anxiety Program) - 新しいトラウマ治療, アディクションと家族,18 (4) ;529-536,2001
  • 米沢宏、大嶋信頼:FAPその1-新しいトラウマ治療.第12回日本ブリーフサイコセラピー学会,広島,2002
  • 米沢宏,大嶋信頼:FAPその2-FAP診断,第12回日本ブリーフサイコセラピー学会,広島,2002.
  • Hiroshi Yonezawa, Nobuyori Ohshima,Toshinori Nakamura:FAP( Free from Anxiety Program)-basic procedure, XⅠⅠ World Congress of Psychiatry,Yokohama,2002
  • Nobuyori Ohshima, Hirosi Yonezawa, Toshinori Nakamura: FAP (Free from Anxiety Program) - diagnostic procedure. XⅠⅠ World Congress of Psychiatry ,Yokohama,2002
  • Toshinori Nakamura : Modern hypnosis with FAP is good for TBI cognitive outcme.XⅠⅠ World Congress of Psychiatry、Yokohama 2002
  • Toshinori Nakamura :Virtual-mode unfolding analysis with FAP for psychosis. XⅠⅠWorld Congress of Psychiatry ,Yokohama、2002
  • Toshinori Nakamura,Nobuori Ohshima, Satoru Saitoh,HIdeo Nakane,Hiroshi Yonezawa : Chromogranin showed an efficacy of FAP therapy for PTSDs. XⅠⅠWorld Cogress of Psychiatry. Yokohama, 2002
  • 久藤文雄:心療内科実地臨床におけるFAP(不安からの解除プログラム);予備的考察.アディクションと家族,19(2);251-267,2002
  • 泉園子他:FAP;新しいトラウマ治療. 第13回日本嗜癖行動学会,名古屋,2002
  • 久藤文雄:心療内科実地臨床におけるFAP(不安からの解除プログラ),第13回日本嗜癖行動学会,名古屋,2002
  • 大嶋信頼他:FAP(Free from Anxiety Program) 治療効果の研究,第13回日本嗜癖行動学会,名古屋,2002
  • 中村俊則:<運鄭による防衛>を試みていた児童性虐待の2例ー脳挫傷と分裂病 ;FAPの臨床ノートから,第13回 日本嗜癖行動学会,名古屋,2002
  • 米沢宏,大嶋信頼:FAP (Free from Anxiety Program) - 新しいストレス対処法.日本産業ストレス学会,東京,2002
  • 米沢宏,大嶋信頼:FAP(Free from Anxiety Program)療法の心的外傷に対する治療効果研究.札幌,2003
  • 清水敏幸:FAPで心のコリをほぐす?. 第13回日本ブリーフサイコセラピー学会,札幌,2003
  • 米沢宏,大嶋信頼:FAPワークショップ.第13回日本ブリーフサイコセラピー学会,札幌,2003
  • 久藤文雄:心療内科実地臨床におけるFAP(不安からの解除プログラム);統計学的検討と手技に関する考察.アディクションと家族,20 (2) ;173-197,2003
  • 久藤文雄:心理療法の新しい潮流;"Power Therapy"の実地臨床研究,三重医報,514;32-41,2003
  • 米沢宏、大嶋信頼:FAPモデル.現代心理療法の実践と展開ーメタファー・リソース・トランス(仮題)(吉本武史 編),星和書店,2004
  • 浅菜知香:大うつ病エピソードを呈する30才女性へのFAPの適用. 第14回日本ブリーフサイコセラピー 学会,東京,2004.7
  • 永井香:特定不能の摂食障害を呈する女子高生へのFAPの適用.第14回日本ブリーフサイコセラピー学会.東京2004.7
  • 中村俊則,橋本圭司、野路井未穂、門島富久子:脳外傷講師症のリハビテーションPOCR:神経生理機能仮説の検証とQcの観点からみたプロセス指向の本質に関して.第14回認知リハビリテーション研究会,東京,2004.10 
  • Toshiori Nkamura,Takatsune Kumada、Takashi Maruyama,Yoshihiro Muragaki :Prefrontal y oscilation mediated a new cognitive rehabiiitation intervention(POCR) for TBI and brain-damaged patients psychosocial human growth.SfN(北米神経学会)2004.11 San Diago(予定抄録掲載:SfN abtract)
  • 中村俊規、斎藤学、野路井未穂、尾形広行、太田真弓:解離性同一性障害の生物学 -ボディー・マインド・スピリットの観点からー. 脳と神経の医学,16(3):195-213,2005 *FAPそのものの臨床成績
  • 中村俊規:脳と犯罪.In小田晋作田明責任編集「心の病の現在 第5冊 脳と犯罪/性犯罪/通り魔 無動機犯罪」.新書館,東京:2006 *FAP自体にに触れていませんが「虚数」と感覚的共感に触れています。
  • 中村俊規:ラカンを超えるラカン -マトリックスの住人からの独り言ー .In 特集「ラカン 人間存在の仕組み」.大航海,59:88-64,2006
  • 泉園子:「自分の顔が嫌い」という少女が外出できるようになるまで;身体醜形障害発症から回復までの考察. 第16回日本ブリーフサイコセラピー学会,横浜,2006.8
  • 北条美紀:軽度発達障害によって誘発された性的トラウマに対するFAP療法;Rorscach Test を契機に改善がみられた事例.第16回ブリーフサイコセラピー学会,横浜,2006,8
  • 傍島史聡:長期間幻聴に悩み続ける女性への援助ーFAPとブリーフセラピーの適用を通じてー 第16回ブリーフサイコセラピー学会,横浜,2006,8
  • Toshinori Nakamura ,MD.,Ph.D.:Empathetic transportation within a life space structured with imagery domains of personality ,in the light of a therapeutic paradigm named as Virtual Mode Unfolding.ー虚数構造化空間における情報伝達ー、モード 法と名づけた治療法を根拠としてー2006年9月ISLSI国際生命情報科学会
  • Toshinori Nakamura :Trauma and extracorporal modeling with imagery domain s of personality in the l ight of quantum psychology。2006年10月北米神経学会
  • 泉園子:発達障害が疑われたケースの行動変容に関する検証ーリフレーミングと外在化の役割ー.第19回日本ブリーフサイコセラピー学会,東京,2009.8
  • 北条美紀:自傷行為を繰り返す女性の回復過程ー脳SPECT画像がもたらした効果ー..第19回日本ブリーフサイコセラピー学会,東京,2009.8


    ※㈱インサイト・カウンセリング発行 FAP療法セミナーテキストより引用

menu
menu