HOME > 心的外傷後ストレス障害(PTSD)

心的外傷後ストレス障害(PTSD)

●PTSDとは

PTSD(心的外傷後ストレス障害)は深刻な心の傷や大きなストレスを受けた後、強い精神的な苦痛が続く障害です。突然、怖い体験を思い出す、不安や緊張が続く、めまいや頭痛がある、眠れないという症状が出てきます。またトラウマに関連することを回避する、否定的思考、同じことをぐるぐると考える、凍りついたように動けなくなる、感情の麻痺などの症状が見られます。

 

心的外傷後ストレス障害の例として、犯罪被害、事故、自然災害、虐待、DV、ハラスメント、いじめなどがあります。それがそれらが一定期間続く時はPTSDの可能性があります。

 

人はあまりにもショックな出来事に遭遇すると、記憶と感情が統合されず、過去の経験として整理されないのです。その為、トラウマにまつわる様々な症状が出てきてしまうのです。

 

もしかしたらこれらの症状を抱えていますと「ご自分がおかしくなってしまったのでは?」と思われるかもしれません。

しかしこれらはトラウマを経験した際の、心の自然な反応なのです。以下にトラウマの症状について述べて行きたいと思います。

 

●PTSDの症状

PTSDの症状は主に次のようなものがあります。

 

・突然、苦しい記憶がよみがえる(再体験症状)

トラウマにまつわる記憶と感情が突然襲ってくることがあります。トラウマにまつわる恐怖、怒り、悲しみ、無力感などの様々な入り混じった感覚が襲ってきます。トラウマは過去の事なのだけれど、その事件、事故を何度も生々しく思い出されます。またトラウマにまつわる悪夢を繰り返し見ることもあります。

 

・トラウマの記憶を思い出す状況や場面を避ける(回避)

トラウマを経験しますと、日常の様々な害のない対象物との接触によってトラウマの記憶を思い出すようになります。このような形で何度もトラウマの記憶を思い出させれるうちに、トラウマの記憶を呼び起こすきっかけを避ける様になります。トラウマの記憶を呼び起こす対象を回避することによって、行動が制限されて日常生活の行動範囲が狭くなってしまう場合もあります。

 

・常に神経が張り詰めている(覚醒亢進症状)

トラウマを経験した後、それまで気になっていない事に対してイライラ感が出てきたり、些細な事で驚きやすく警戒心が高くなります。そのため不眠傾向になったりする事もあります。

 

・感覚が麻痺をする(解離症状)

トラウマの記憶に苦しむことを避けるために、感情や感覚が麻痺してしまう状態です。そのために家族や友人に対し、これまで持っていたような優しさの感情を感じられなくなったり、人に対して心を許すことができなくなる場合もあります。これは、つらい経験の記憶から心を守るための自然の反応です。

 

●PTSDの治療

トラウマによる心の苦痛を和らげていく治療法もいくつかあります。FAP療法、認知行動療法、EMDRなどです。

これらのトラウマに対する心理学的技法の効果は高いと言われています。当相談室ではその中でもカウンセリングを通してお話を伺い、トラウマやPTSDにターゲットを絞ったFAP療法を行っております。

 

FAP療法(Free from Anxiety Program:不安からの解除プログラム) は、2001年に大嶋 信頼 氏によって開発された心理療法です。PTSDの諸症状や恐怖症の克服等に劇的に効果を示します。

トラウマ治療研究の盛んなアメリカでは、トラウマ治療の方法としてEMDR、TFT等があります。FAP療法はその中の一つとして位置付けられています。

menu
menu