HOME > 依存症

依存症

依存症とは

依存症とは、ある特定の行為や物質使用を続けると問題になると理解しつつも、その行為や物質使用を止めることができないことを指します。

 

依存症と言いますと、その代表的なものにアルコール依存症や薬物依存症があります。今回は、それ以外の様々な依存症について詳しく述べて行きたいと思います.

 

依存症の特徴

  衝動性 : 熟慮された行動ではない

  反復性:やめようと思ってもやめられずに繰り返してしまう

  強迫性:やらずにはいられないという切迫感

  貪欲性:どこまでも嗜癖しても満足する事がない

  自己破壊性:人間関係の破壊、身体へのダメージを与える

  自己親和性:依存症者にとって親しみのある行為である事

  

例)ギャンブル嗜癖には男性が多く、摂食障害や買い物嗜癖には女性が多い。

依存症の種類

依存症は以下の3つに大別されます。

 

①関係依存(苦しい人間関係に依存)

②過程依存(行為の依存)

③物質依存(有害な物質への嗜癖、物質関連障害:アルコール、薬物等)

 

①関係依存

人間関係嗜癖とも言い、自分を傷つけてしまう人間関係にのめり込んで離れられない事を指します。アルコール依存症の夫婦関係等の例があります。

 

「共依存」とは一方が何らかの依存症(アルコール等)であり、他方は依存症者を治そうとする努力をしている共依存者である事が多いです。依存症者を治そうとすればするほど悪循環となってしまい、問題が悪化してしまう関係性を指します。

 

依存症者を支えている「共依存者」の事を「イネイブラー(共依存者)」といい、その行為を「イネイブリング」と言います。相手の問題と何とかしようと支えている共依存者と、共依存者に頼る関係性で、お互いに力を削ぎ合う関係となる場合があります。

 

<関係依存の例>

・共依存

・恋愛依存

・セックス依存

・その他機能不全な人間関係に固執する関係性

 

②過程依存(行為嗜癖)

過程依存とはギャンブルや買い物、仕事など特定の行為にのめり込んでしまう事を指します。その行為を行うことで快感を得る事ができると、その行動は繰り返されてしまいます。その繰り返しの中、快感を得た記憶が脳に刻み込まれてしまい、その行為の過程にドーパミンなどの脳内物質が分泌されて、過程に対する依存が生じてしまうのです。

 

ギャンブル依存は、借金をしてまでもギャンブルをする事は良くあります。買い物依存では、まさに「過程依存」であり、買っている過程は快感ですが、買ったものには全く手をつけないという事があります。そのような未開封の買い物が多くあり、またカードローンをして買い物をしている点で見分ける事ができます。

 

<過程依存の例>

・ギャンブル依存

・買い物依存

・摂食障害

・ワーカホリック(仕事依存)

・万引き

・その他自分にとって有害な行為に耽溺する行為

 

③物質依存

アルコールや覚醒剤などの薬物に依存することを指します。薬物依存には、覚醒剤などの薬物も含まれますが、頭痛を緩和させるための鎮痛剤などに依存するケースもあります。

 

「物質依存」、「物質乱用」の区別としては、「依存」とは身体的、精神的依存が形成されているもので「その物質なしではいられない」という状態をさします。それに対し「乱用」は物質の「不適切な用い方」をさします。

 

「アルコール依存」の場合ですと、アルコールを飲まない状況になると離脱症状が発生し、そのためそれを緩和するために、お酒を飲んで落ち着かせようと飲酒する連続飲酒状態などの状況となります。

 

「アルコール乱用」は、ブラックアウトといって記憶が飛んでしまっていたり、お酒を飲んだ状態での問題行動(暴力など)が起こっている状況をさします。

 

<物質依存の例>

・薬物依存

・アルコール依存

・ニコチン依存

・カフェイン依存

・鎮痛剤依存

・その他有害な物質に耽溺する行為