HOME > 不安障害

不安障害

不安障害とは

この分類は米国精神医学会のDSM-5(精神疾患の分類と診断の手引き)にのっとっています。「不安障害」は不安を主症状とする疾患群をまとめた名称となります。その中には不安症状を呈するものや、物質(酒・薬 等)によるものが含まれています。中でもパニック障害は不安が特徴的な形をとって現れる点で、不安障害を代表する疾患といえるでしょう。

 

不安障害の分類と症状

不安障害の主症状は不安です。不安とは漠然とした恐れの感情で、誰でも経験するものですが、はっきりした理由がないのに、あるいは理由があってもそれと不釣り合いに強く、または繰り返し起きたり、いつまでも続いたりするのが不安障害です。不安のあらわれ方に色々な形があり、それによって不安障害の分類がなされています。

 

●分離不安障害

愛着のある人からの分離が予期される時の過剰な恐怖・不安感や苦痛を抱える。そして分離に対する抵抗や拒否感を抱える。また分離と主題とした悪夢を反復的に見たり、頭痛、胃痛、吐き気等の身体症状が出る場合もある。

 

●選択性緘黙(かんもく)

他の状況では話をしているにもかかわらず、話す事が期待されている特定の社会状況(例:学校)において、話す事が一貫して出来ない。

 

●限局性恐怖症

特定の対象または状況(例:飛行機に乗る事、高所、注射される事、血を見る事)への顕著な恐怖と不安。それらの状況では即時、恐怖や不安を誘発してしまう。それによって恐怖の対象または状況は、積極的に避けられる、または強い恐怖や不安を感じながら耐え忍ばれている。

 

●社交不安障害

他者の注目を浴びる可能性のある一つ以上の社交場面に対する、著しい恐怖または不安。

 

例として、社交的なやりとり(雑談する事、良く知らない人に会う事)、見られる事(例:食べたり飲んだりする事)、他社の前で何らかの作業をする事(例:雑談をする事)などが含まれる。

 

その人は否定的な評価を受けることになると恐れている。そしてその社交状況は回避され、または強い恐怖または不安感を感じながら耐え忍ばれる。

 

●パニック障害

繰り返される予期しないパニック発作、パニック発作とは、突然、激しい恐怖または強烈な不快感の高まりが数分いないでピークに達し、その時間内に動悸、発汗、震え、息苦しさ、窒息感、めまい、寒気または熱感、現実感消失、死への恐怖感などのが起こる。

 

●広場恐怖

交通機関(例:自動車、バス、列車、船、飛行機)の利用、広場(例:駐車場、市場、橋)、囲まれれた場所にいること(例:店、劇場、映画館)、列に並ぶまたは群衆の中にいること、家の外で一人でいる事等の状況において顕著な恐怖または不安感がある。

 

それらの広場恐怖の状況は積極的に避けられ、仲間の存在を必要とし、強い恐怖または不安を伴って耐えられている。

 

●全般性不安障害

仕事や学業などの多数の出来事または活動についての過剰な不安と心配が、起こる日の方が起こらない状態が続く。また過剰な不安と心配の他に、落ち着きのなさ、緊張感、疲れやすさ、集中困難、起こりっぽさ、筋肉の緊張、睡眠障害等の状態を伴っている。

 

●物質・医薬品誘発性不安症

パニック発作もしくは不安感を抱えている。そしてそれらの不安、パニック状態が物質(酒・薬 等)中毒または離脱の期間中、またはその直後に発生している。

不安障害のカウンセリング

当相談室では不安障害に対するカウンセリングとして、幼少期からの家族的背景を基盤とするトラウマの問題に焦点を当てながら進めさせて頂いております。

不安感の背景として、幼少期における家族内のトラウマとリンクしている場合が考えられます。

 

幼少期における親子関係の葛藤(虐待・ネグレクト)の問題がありますと、人への基本的信頼を構築できないまま成長して行く事となります。その状況では社会の中で、特に社交場面において人との交流の中で不安を感じてしまう事は当然と言えるでしょう。

 

また過去のトラウマによる影響によって、常に不安・緊張状態に陥ってしまい、普段から体の硬直感や不眠傾向を抱えてしまう事は良くございます。

 

当相談室では初回面接において、幼少期におけるご家族のお話をお伺いさせて頂きます。その中で不安の原因となるトラウマの問題を把握させて頂きます。

2回目以降からFAP療法を用い、その原因となるトラウマの問題についてトラウマ治療をご提案させて頂きます。

 

幼少期におけるトラウマの問題が解消されるにつれ、それまで抱えていた不安・緊張感等問題が解放されていきます。FAP療法を用いトラウマ治療をご提案させて頂く事で、安全に効率良く不安の問題から解放されて行きます。

 

●カウンセリングをご希望の方は、こちらをご参照下さいませ。